大阪で評判のフェレット診察OKの動物病院を教えます

インフルエンザ

フェレットのインフルエンザは人のインフルエンザを同じです。しかし、その感染は飼い主から感染するケースが一番多いのです。
人からフェレット、その逆のフェレットから人への感染が成立します。
感染経路は直接触れる事やくしゃみ、鼻水などの分泌物による飛沫感染があり、人間のインフルエンザ同様、簡単に感染します。

感染から完治までも、人間と同様で1週間~2週間で回復します。
しかし幼いフェレットのインフルエンザ感染は、下部呼吸器感染症にて死亡することが多いようです。

症状

人間のインフルエンザ同様、食欲不振、くしゃみ、鼻水、目やに、咳、気管支炎、下痢、脱水、発熱が上げられます。
ただし、フェレットの インフルエンザ症状とジステンパーの症状が 似ているため しっかりと見極める事が重要です。
見極めの症状としては 皮膚病変、中枢症状の有無、発熱などの経過を見ていけば予後が極端に異なりますので判別は可能だと思いますが、確定診断の必要性があるときはさらに検査をします。

予防法

フェレットのインフルエンザウィルスに対するワクチンは現在ありません。
そのため、予防法としては、冬場の乾燥を避ける事とインフルエンザウィルスに感染している人、フェレットと隔離する事が一番の予防法です。
これも、人間のインフルエンザ予防と同じと言えるでしょう。
ただ、先にも述べたようにフェレットのワクチンはありませんので、予防はもっとも重要です。
また、治療法としても、よほどの高熱でない限り、鎮痛解熱剤の投与は行ないません。
そして、確実に効果があるという薬も無いため、免疫が戻るのを待つのみとなります。

 
ページの先頭へ
大阪発!フェレット診察の病院比較サイト