大阪で評判のフェレット診察OKの動物病院を教えます

熱中症

ここでは、フェレットがかかる熱中症についてまとめています。

フェレットは熱中症になりやすい

フェレットの熱中症は、人間と同じで体温の上昇によって起こります。

実は、フェレットは暑さにとても弱く、急激な温度変化にも弱い動物です。私たち人間は、汗腺という部分から汗を流して体温を調節しています。しかし、フェレットには汗腺が無いので、自分で体温調節をすることが難しいのです。人間が熱中症の危険があるのが大体31℃から35℃以上ですが、フェレットの場合は28℃で熱中症になる危険性があります。

夏場に熱中症で死んでしまうフェレットも少なくありません。気温が高い日などは、フェレットの状態に気を配るようにしましょう。

症状

代表的な症状は、口を開けて浅い息を繰り返している、肉球が赤くなっている、ぐったりとしている、というもの。重症だと、痙攣や嘔吐をすることもあります。このような熱中症の症状が出たら、すぐに動物病院に行きましょう。

フェレットが熱中症になった場合、ゆっくりと体温を下げることが重要です。しかし、いきなり冷水につけるなど、急激な温度変化はNG。獣医さんにしっかり診てもらい、適切な処置をしてあげてください。

もし、熱中症の症状が治まったとしても、病院で診てもらいましょう。軽い熱中症でも、フェレットの身体に異常がでている可能性があります。フェレットの健康状態を、しっかりチェックしておいてください。

予防法

熱中症予防の基本は、体温上昇を防ぐことです。そこで、室内と外出時の予防方法をそれぞれ紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

室内での予防法

フェレットを飼う部屋は、フェレットの過ごしやすい室温に保つことが重要です。フェレットが生きていくのに最適な気温は、大体15℃から22℃とされています。気温によっては、5月ごろからクーラーを使用して室温を調整しましょう。ただし、クーラーの風がフェレットに直撃しないように注意してください。肺炎の原因になることがあります。

また、ゲージを直射日光が当たる場所に置くのもやめましょう。日光によって体温上昇が起こるので、冬でも熱中症の危険性がでてきます。

外出時の予防法

外出時は、キャリーバックを使用して常に一緒にいることがポイントです。フェレットの様子を見ながら、水分を与えるように配慮しましょう。

もし散歩をさせる時は、日差しが弱くなる夕方ごろがおすすめ。日中のアスファルトは熱を吸収しているので、フェレットがその上を歩くと体温上昇の原因になります。

車で出かける時は、フェレットを車の中に放置してはいけません。夏はもちろん、冬でも日光によって車内温度は上昇していくので、熱中症になる危険があります。

 
ページの先頭へ
大阪発!フェレット診察の病院比較サイト