大阪で評判のフェレット診察OKの動物病院を教えます

与えてはいけない食べ物

好奇心旺盛なフェレットは、人が食べているものも欲しがるときがあります。可愛いので、ついつい与えてしまいがちですが、一度与えると習慣化してしまうこともあるので、できるだけ与えないようにしましょう。しかし、そうは分かっていても、美味しいものを食べさせてあげたい、というのが飼い主の心理。ここでは、そんな愛情が事故に繋がってしまわないよう、与えてはいけない食べ物を紹介していきます。

フェレットに与えてはいけない食べ物

ねぎなどの匂いがつよい食べ物

フェレット以外のペットにも共通して、与えてはいけない食べ物といえばこれです。ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラなどは、中毒症状が出てしまうので絶対に食べてしまうことのないようにしましょう。

ジャガイモ

含まれているソラニンという成分が、嘔吐、下痢、呼吸困難、腎不全などの症状を引き起こす場合があります。

豚肉(生)

肉食なので基本は問題ないのですが、生の豚肉にはアニキサスなどの寄生虫が潜んでいる場合があるので、加熱した方が無難です。

生魚

魚介類の内臓には、ビタミンB1を破壊する酵素が含まれている危険性があるので、加熱して与えるようにしましょう。寄生虫にも注意が必要。

イカ、タコ、エビ、カニ、貝類

消化しにくいこれらの食べ物は、小動物の胃にとっては負担になります。

魚の骨

消化器官を傷つけるおそれがあるので、うっかり混ざってしまうことがないよう注意しましょう。

卵の白身

卵白に含まれる物質によって脱毛・皮膚炎・疲労などの症状が出ることがあります。黄身と一緒に与えるか、加工されていれば問題はないそうです。

塩分

フェレットなどの小動物は、汗で塩分調節をすることができません。スナック菓子などの塩分の高い食べ物は与えないようにしましょう。

糖分

フェレットは甘いものが大好きです。しかし、糖分を摂取しすぎると、肥満・糖尿病の原因となってしまうので、人間向けのものは与えすぎないよう注意してください。

乳製品

牛乳ヨーグルトなどは、消化不良で下痢を起こしてしまうことがあります。チーズについても、人用の商品は塩分が高いので控えるようにしましょう。

マカダミアナッツ

中毒を起こし、嘔吐、鬱、運動しない、震えなどの症状を引き起こすことがあります。

ぶどう、レーズン

ぶどうやレーズンの過剰摂取は、腎不全の原因となってしまうことがあります。

レバー

レバーにはビタミンAが多く含まれています。過剰に摂取してしまうと、脱毛、視力障害、関節痛などの症状のある“ビタミンA中毒”を発症してしまう場合があります。

生野菜や果物

フェレットはもともと肉食の動物なので、人間のように「健康を意識して野菜を多めに…」という配慮は不要です。食物繊維が多い食べ物を与えてしまうと、消化しにくい場合があります。

ドライフルーツ(人間用)

私たちが食べるドライフルーツには、砂糖が多く含まれています。ペット用のドライフルーツがあるからといって、同じものではないので注意しましょう。

チョコレート

カカオに含まれる成分が、下痢や嘔吐、興奮や痙攣などの症状を引き起こします。ココアの粉などにも含まれるので、こぼさないように注意しましょう。

香辛料

人間の嗜好品として発展したものなので、小動物には刺激が強すぎる場合があります。胃や肝臓に悪影響を及ぼす可能性もあるのでうっかり香辛料が入っているものをあげたりしないようにしましょう。

 
ページの先頭へ
大阪発!フェレット診察の病院比較サイト