大阪で評判のフェレット診察OKの動物病院を教えます

フェレットの臭い対策

フェレットを飼っている方の多くが、臭いについて頭を抱えています。また、賃貸物件などで、臭いがついてしまうことを心配して飼うことを迷っている方もいるかもしれません。

ペット用のフェレットはほとんどが臭腺を除去されていますが、それでも体から独特の臭いが出るといいます。これは何が原因なのかというと、フェレットが獣だからです。フェレットだけでなく犬や猫、うさぎなど、ほとんどの動物から、獣臭という動物特有の臭いがします。犬や猫を飼っている方は嗅いだことがあるかもしれません。

獣臭は好き嫌いが極端に分かれ、すごく好きだという方は少ないですが、嫌いな方は本当に吐き気をもよおすほど無理なのだそうです。

フェレットの臭い対策

トイレは頻繁に掃除する
フェレットに限らず、排泄物の臭いは不快です。放置しすぎると腐敗し始め、臭いがさらに強くなってしまいます。トイレの砂をできるだけ頻繁に取り替え、1日2回程度掃除をすることが望ましいです。

フェレットが使う布製品はこまめに取り替える
フェレットの寝る場所としてハンモックを使用している方は、ハンモックの布を一日おきに取り替えて洗うようにしましょう。また、フェレットがくるまる布も臭いがついてしまうので、こちらも取り替え、洗濯は忘れないように。

空気清浄機を買う
安いものだと3000円程度でも購入できます。部屋の大きさに合わせて適当なものを選びましょう。空気清浄機があるのとないのとでは全然違います。最近は臭いを感知して自動で運転するものもあり、フェレットだけでなく臭い全般の対策にオススメです。

ペット用空気除菌スプレーを使う
数多くの種類がある消臭スプレーですが、中でも「ペット用」のものを選んでください。人間用のものは臭いがついていて逆に変な臭いになってしまったり、ペットに刺激が強すぎる場合があるので注意しましょう。

自分の服の臭いも消臭する
布に染み付いた臭いはなかなか取れません。焼肉屋を出た後の洋服の臭いは全然取れませんよね。ペットを飼っている部屋に洋服を置いていると、臭いが移ってしまいます。洋服を置いているタンスやクローゼットに香り付きの防虫剤をかけておくのがオススメです。

ケージを洗う
最も匂いがつくもの、それはケージです。ケージを洗うのは大変なので、毎日洗うことはフェレット的にも大変だと思います。可能であれば、週に1~2回丸洗いするようにしましょう。

 
ページの先頭へ
大阪発!フェレット診察の病院比較サイト